もみ消して冬

2018.03.11 Sunday

0

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

     

    先週WOWOWでラ・ラ・ランドの字幕がもみ消して冬と時間帯が重なってしまい、

    ラ・ラ・ランドを録画して、もみ消して冬をリアルに見ることにしました。

    ので、毎週予約を解除していて、その後次の週からの予約をすっかりし忘れていて、

     

    今日、昨日のもみ消して冬の録画を見ようと、

    トルネを確認すると

     

    なんと予約されていないじゃないですか!!

    ショックすぎて、

    どうしようあきらめるのかと思ったのですが、

     

    Gyao見てみよう!!!

     

    ありました。よかった!!昨日の9話が見れる!

     

    無事視聴出来ました。

     

    最近、意味もなく、難しいこと考えず、ただ面白いドラマとか、なくて、

    久々に、涙が出るほど笑えて、ほっとするドラマで、

    毎週楽しみにしていました。

    来週最終回なんて、寂しくなります。

     

    Gyao!ありがとう

     

    赤い運命

    2011.07.06 Wednesday

    0
       子供のころ見てとても印象に残っていて、もう一度見たいと思っていたドラマです。
      TBSチャンネルで、今日終わりました。
      大体覚えていた通りのストーリーだったので、
      よほどそのころガン見していたんだな、と思いました。

      三国連太郎すごいよ、こわくて、子供のころは、とても恐怖だったけど、
      いまみると、大したものだと感心です。

      赤いシリーズは、百恵ちゃんが出ているというので、
      見ていたけど、今見ると、完全、主役は、宇津井健だったんですね。

      明日から、赤い衝撃がはじまるので、それも楽しみです。


      阿久悠物語り

      2008.08.02 Saturday

      0
        もう、なつかしかったですね。子供のころの思い出が映像となってて、もう一度見れて、よかったです。恐ろしいぐらい、覚えています。
        夢中になって、スター誕生も欠かさずみていたし。

        で、このドラマに出ていた森昌子さん役の平塚あみちゃん。
        もう、よく森昌子さんの、あの、感じでていました。
        オーディションのときは昌子さんの歌声でしたが、
        せんせいは、あみちゃんが歌っているの?うますぎです。

        主人は、あれは、口パクだよ、うますぎるよ。といってましたが、
        桜田淳子さんやくの愛理ちゃんはどうも、愛理ちゃんが歌っているようだし、
        あみちゃんだけ口パクはありえないでしょ。

        あみちゃんは、娘が4歳のころから通っていたバレエスタジオでいっしょでした。
        そのころ、娘はこどもモデルをしていたのですが、
        あみちゃんはまだ、事務所とか所属していなくて、
        でも、もう、そのころから、目が大きくて、色が白くて、
        かわいくて、人目を引く女の子でした。
        絶対、モデルにしたほうがよいよと、すすめたのは私でした。

        まあ、うちの娘は、あまり人前に出るのを好まず、
        バレエも4年生で、これからトゥシューズ履くまえに、やめちゃったし、
        モデルのお仕事も、すっかりやめてしまったし。

        あみちゃん、小さいころから、ロングヘアーがトレードマークだったのに、
        ばっさり、昌子ちゃんカットにして、すごいプロ根性です。
        今まで、舞台のお仕事がおおかったので、お目にかかれなかったけど、
        テレビで、お芝居して、歌っているあみちゃんを見ることができて、
        勝手に、誇らしく思っちゃったりして。
        これを期に、舞台ばかりでなくテレビにもどんどん出てほしいです。
        応援してます。


        有閑倶楽部

        2007.10.17 Wednesday

        0
          「有閑倶楽部」にはがっかりしてしまいました。
          とっても楽しみにしていたのに、何でこんなに面白くないの?
          キャストだって、いい感じだったのに、
          もう、途中で、みていられなくて、「スワンの馬鹿」に変えてしまいました。
          こちらのほうがよっぽど面白かった。。

          やっぱり、主人公を変えてしまったところに、無理があったのでしょうか?
          いくら、赤西君を主役にしたいからって、やはり、原作にこだわるのなら、
          根本的なところで、こだわるべきだったのではないでしょうか?

          はじめに、赤西君ありきなら、「有閑倶楽部」を選ばなくても、他に、漫画の原作を探せばよかったのにと思います。
          「有閑倶楽部」がもったいないです。

          原作は大昔に読んだけど、テレビ化されるということで、
          読むのを我慢していたのだけど、
          もう、ストーリーはぜんぜん覚えていないけど、
          ただただ面白かったのは覚えている。
          だから、バンセンをみて、とっても楽しみにしていたのに、
          裏切られました。

          前回の、「ホタルのひかり」は、
          とってもおもしろくて、毎週楽しみだったので、がっくりです。


          裸の大将

          2007.09.02 Sunday

          0
            なんか心が癒されるドラマでした。
            最近の世の中は、知らない人には知らん顔、
            知っている人にも警戒しないといけないような物騒な世の中になってしまいましたが、
            昭和の時代は人の心があったかかったなーと、
            すごく、すがすがしく、心が洗われました。

            砂時計&麗しき鬼

            2007.05.09 Wednesday

            0
              砂時計は、なんでもない?話なのに、
              平和です。時が止まってしまったような感じがします。
              最近の、どたばたエロ少女漫画がおおいいなかで、
              非常にわたしたちが昔よんでいたような、なつかしい
              ほんわかした、少女漫画の王道って感じです。
              登場人物が漫画の中からでてきたみたいにかわいらしい。
              つい見てしまいます。

              麗しき鬼は、やってくれますね。
              やりたい放題のありえない感じがたまりません。
              つい見てしまいます。

              赤い運命

              2005.10.05 Wednesday

              0
                私は、百恵ちゃんのをリアルタイムで見ていて、
                百恵ちゃんのドラマの中では、一番好きだったものです。
                三国連太郎が怖くて、秋野陽子がすごい美人で意地悪で、もう、ストーリーは今ではほぼ覚えていませんが、涙なしに語れないお話でした。
                毎回、ドラマの冒頭で、伊勢湾台風がでてきたのと、
                三つのほくろが印象的でした。
                三つのほくろの場面はガラスの仮面のマヤちゃんもマネをしていましたね。

                百恵ちゃんも、薄幸な役が、とっても、似合っていましたが、
                綾瀬ちゃんも、薄倖な役が、あいますね。

                わたしは、綾瀬ちゃんの、パンテーンのCMがすごく、きれいで、光っていたので、実は、スカウトキャラバンのときも、テレビで、リアルタイムで見ていたので、きれいになったナーと感心していました。

                三日連続で見れるので、うれしいのですが、
                やはり、三日では語れない、ストーリーのあらすじを読んでいる感じなので、連ドラでやってほしいですね。

                というより、昔のものを、も一度懐かしみながら見たいですね。
                新たに作らなくていいので。

                昔のドラマは、泣けましたよ。
                アニメや、漫画も泣けました。

                主人公は、どんなに逆境でも、一生懸命けなげに生きていましたね。

                一生懸命がかっこよかった時代です。


                1