スポンサーサイト

2019.06.01 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    リクルートカードプラス

    2014.06.23 Monday

    0
      JUGEMテーマ:家庭

      rikuru-toka-do
      リクルートカードプラスでやりたかったこと

      ぅイックペイナナコに登録する。
      もともとリクルートカードプラスを作りたかったのはナナコにクレジットチャージしてポイントがいただけるカード
      ということで選びました。
      ナナコのチャージは、一つのクレジットカードから一つのナナコです。
      ということは今あるクレジットカードは夫の名義なので夫のナナコにしかクレジットカードでチャージできません。

      ま、家族カードを作って自分名義のものを用意すれば自分のナナコにもクレジットカードでチャージできるのですが、
      私はまだしも、娘のナナコのために家族カード会費1000円を支払うのはどうなのかと。

      そこでクイックペイナナコです。
      申し込み対象が
      すでにnanacoカード・JCBカードを持つ本会員、または本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)なのです。

      家族もクイックペイナナコを持つことができ支払いは夫のカードにできるのです。

      ナナコに現金でチャージをしてもポイントはたまりません。
      夫のナナコはクレジットチャージをすることができますので、

      2%プラスナナコの1%、セブンイレブンでお買い物が3%引きでできることになります。

      われわれはナナコチャージにポイントはいただけないのでセブンイレブンでは1%ポイントだけになります。

      クイックペイナナコでお買い物をすれば2%+ナナコ0.5%ポイント(200円=1ポイント)で2.5%引きでお買い物できることになります。

      まあ、ナナコは100=1ポイントは端数は捨てられるので190円でも1ポイントということで、
      クイックペイではほかの支払いと一緒に1か月まとめた金額の2%のポイントとなります。
      (毎月のご利用金額合計の2.0%に対して少数点第1位以下を切り捨てた共通ポイント)

      クイックペイならナナコの顔はしていますが、ほかのファミマやローソンでも利用できます。
      そちらではTポイントや、ポンタもたまります。
      コンビニだけでなくクイックペイが利用できるお店だったら、1回2万円までですが、
      毎回2%のリクルートポイントが付くことになります。

      すごくお得でないですか?

      さっそく申し込んだのですが、利用できるお知らせが来るまでには少し時間がかかるようです。

      2014年11月30日までなら
      QUICPay(クイックペイ)TMを新規登録すると、300nanacoポイント、
      登録したQUICPay(クイックペイ)TMを合計3,000円(税込)以上利用すると、300nanacoポイント
      いただけます。

       

      スポンサーサイト

      2019.06.01 Saturday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL