スポンサーサイト

2018.06.23 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    宅地建物取引士の登録の申請に行ってきました。

    2018.03.24 Saturday

    0

      JUGEMテーマ:学問・学校

       

      登録実務講習の修了証が無事に届きました。

      講習を受けてから12日目に届きました。

      LECではちゃんと、日程表に通知発送日が書かれていますので、その日を目安に待っていればよいのですが、

      届くまで、ホント、ほとんど合格とはいえ、多分合格していると思うけど、

      マークミスとか、実技では思い違いの記入とか、まったくないわけではないので、

      到着するまで不安で不安で。

       

      早速、登録をするために都庁に行きました。

       

      いままで、都庁には自動車免許の更新とか、展望台とかには何度か、いっているものの、

      中には入ったことがなかったのですが。

       

      つい、区役所に行く感じで行ったものの、

      びっくりです。

      誰でも、すうっと、入れるわけではありませんでした。

      受付に入る前にちゃんと、自分の名前とか、何処に行くのとか、記入して、

      受付で、カードをもらって、それで、電車に乗るみたいにピッとして入れてもらえます。

       

      登録実務講習が21000円だったけど、

      登録費用は37000円です。

       

      住民票300円

      登記されていない証明書300円

      郵送費140×2で280円

      身分証明書400円

      証明写真800円

      計2080円

       

      取引士証は4500円

       

      試験代7000円たすと、

       

      71580円です。

      あと、交通費とかかかっています。

       

      うーん

      すごいな。

       

      登録をしても、

      一年以内に取引士証をいただかないと、

      また、いただく前に法定講習をしないといけないそうです。

       

      法定講習は12000円かかるそうです。

       

      合格して一年以内に登録すると法定講習を一回受けなくてよいということですが、

      これは、登録しても、取引士証をいただかないと一回受けなくてよいというのが有効でなくなるということです。

       

      これは、せっかく合格して、登録して、取引士証いただいたら、

      これをお仕事に活かさないのはあまりにもったいないですね。

       

      やっぱ、50をすぎているというのに就職活動がんばらないと。

       

       

       

       

       

       

       

      スポンサーサイト

      2018.06.23 Saturday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL